株式会社 ホーセイ土地
9:00~19:00
毎週木曜日
2020年10月01日
公開中ブログ

不動産業界の「抜き」行為について     ご説明します~その1~

不動産業界には「抜き」行為というものがあります。

「抜き」行為とは不動産業者が依頼者と媒介契約を締結したにもかかわらず、

他の不動産業者がその依頼者を誘引して、媒介契約を締結することです。

「抜き」行為は賃貸だけでなく、売買でも多く、ばれないように水面下で行われて

います。

今回はオーナー様への「抜き」行為について書いていきます。

「抜き」行為ってどういうこと?

管理会社はオーナー様と管理業務契約を締結し、物件の窓口となっています。

「抜き」行為を行っている不動産業者は窓口となっている管理会社のことは関係なしに

オーナー様に直接訪問します。

訪問した不動産業者は直接取引ができないかを交渉をします。

「すでにお申し込みをしたいお客様がいます。」などと

言葉巧みに話をし、オーナー様も入居者が決まってくれればと思い、募集を依頼して

しまうことがあります。

「抜き」行為は不動産業界では御法度ですが、大手仲介業者でも行われ、トラブルと

なっているケースがあります。

「抜き」行為には注意しなければなりません

管理会社はオーナー様との信頼関係で成り立っていますので、大抵のオーナー様は

「抜き」行為をする不動産業者の営業をお断りするはずです。

弊社でも、ごくまれに「抜き」行為をされ、オーナー様からご連絡を頂きますが、

オーナー様から名刺をもらい、電話をします。

しつこい不動産業者ですと、一度お断りしても再度「抜き」行為を繰り返しますので、

管理会社として、しっかりとやめさせなければなりません。

また、管理会社としても、不動産業者とのお付き合いがありますので、取り引きを

するうえで、信頼関係がなければ取り引きはできません。

弊社では「抜き」行為をしてくるような不動産業者とは信頼関係もできませんので、

取り引きをしたいとは思えませんので、取り引き停止にしています。

 

【不動産管理でお悩みのオーナー様へ】

不動産管理に関してお悩みのことがございましたら株式会社 ホーセイ土地に

ご相談くださいませ。

TEL:042-321-3363

arrow_upward