株式会社 ホーセイ土地
9:00~19:00
毎週木曜日
2020年09月26日
公開中ブログ

入居前に室内確認を行います。

賃貸物件の入居者が決まると入居前に室内の設備等の確認を必ず行っています。

新しい入居者に迷惑が掛からないためにも大切な仕事です。

自分が住んだらどこをチェックするのかを意識しながら行うと案外不備が見つかったり

します。

①エアコンの動作確認を行います。風だけでなく、冷風・温風がしっかりと出ているのか

を確認します。

また、フィルターが汚れていないのかもあわせて確認します。

②網戸が破れていないかの確認を行います。

破れていた場合は交換の手配をします。

③水道の蛇口部分から水漏れがしていないかを確認します。

水漏れがしている場合はパッキンの交換もしくは水栓全体の交換をします。

空室期間が長かった場合はパッキンが劣化している場合がありますので、注意して

確認を行います。

④キッチンのジャバラ―ホースの劣化が無いかやしっかりとはまっているかを

確認します。

外れていたりすると悪臭がしてきたりします。

⑤洗濯機置場のホースを接続する部分のエルボの有無も確認します。

前の入居者が引っ越しの際に洗濯機と一緒に外して持って行ってしまうことがあります。

エルボが無いと排水ができません。

⑥設置されている照明がつくかを確認します。

写真のように片方だけ切れていることがありますので、入居前に交換します。

入居前に写真も忘れずに撮っておきます。

入居前にはフローリングなどのすでに傷がある箇所は写真に収めておきます。

新しい入居者にはすでにある傷は事前に話をして納得の上、入居してもらいます。

また、退去後のトラブル防止のため、お部屋の細かい箇所の写真を撮っておきます。

以前のブログでも書きましたが、退去後にトラブルになった時の証拠写真のため、

撮影しておきます。

上記の内容は入居者が決まったら必ず実施をしています。

入居後に不備があると入居者との時間を合わせたりするのが、とても大変ですので、

大切な仕事です。

お部屋に住んでみないとわからない箇所もありますが、事前の確認を怠ると

思わぬトラブルに巻き込まれてしまう場合もありますので、注意が必要です。

【不動産管理でお悩みのオーナー様へ】

不動産管理に関してお悩みのことがございましたら株式会社 ホーセイ土地に

ご相談くださいませ。

TEL:042-321-3363

arrow_upward