株式会社 ホーセイ土地
9:00~19:00
毎週木曜日
2021年06月19日
公開中ブログ

賃貸物件の募集は数社に任す?一社に任す?メリット・デメリットを解説します①

マンション・アパートなどの賃貸物件を所有されている大家さんは賃貸物件の募集を

不動産会社に頼むときに数社に任せる(一般媒介契約)もしくは

一社にだけ任せる(専任媒介契約・専属専任媒介契約)か考えたことがあると思います。

それぞれのメリット・デメリットについて2回に分けて解説していきたいと思います。

1回目は一般媒介契約についての記事になります!

3種類の媒介契約について

はじめに媒介契約についてご説明します。

賃貸物件の募集をする際には大家さんと媒介契約を締結します。

媒介契約は3種類あります。

①一般媒介契約・・・大家さんは複数の不動産会社に同時に仲介を依頼できる契約

②専任媒介契約・・・大家さんは1社だけに絞って不動産会社に仲介を依頼できる契約

③専属専任媒介契約・・大家さんは1社だけに絞って不動産会社に仲介を依頼できる契約

           大家さん自身が入居者を探しても仲介を依頼している

           不動産会社を通さなければいけない。

 

ざっくり簡単にわかりやすく説明すると上記3つの媒介契約があります。

今回解説するのは①一般媒介契約についてになります。

一般媒介契約のメリット

賃貸物件の募集を数社に任せている大家さんはいわゆる大手と呼ばれている不動産会社や

中堅の不動産会社に任せていると思います。

大手・中堅の不動産会社は集客力がありますので案内の件数は多くなります。

(成約できるかどうかは別問題です。)

また、一般媒介契約では不動産会社間でもどこの不動産会社で募集を

しているかがわかりますので自社でどうにか成約させようと営業活動を

頑張ってくれます。

※営業活動を頑張っても成約できるかどうかは別問題です。

賃料が相場より高すぎる物件などは数社の不動産会社が募集をしていても

1年以上空室の物件もあります。

決まりそうにない物件は広告掲載もしません。

一般媒介契約のデメリット

よくネット上には一般媒介契約の物件は

「入居者募集の窓口を広くできる」と書かれていますが必ずしもそうではありません。

一般媒介契約を締結している不動産会社は不動産業者間の物件検索サイト

「レインズ」には物件を掲載しないことが多いです。

レインズに掲載せず飛び込み客やポータルサイトで直接自社に問い合わせがきた

お客様にしか物件を紹介しない場合だと逆に入居者募集の窓口は狭くなってしまいます。

また、不動産会社はノルマが設定されていることが多くとにかく売上重視です。

そのため入居希望者の審査がゆるかったりしっかりと審査をしていないため、

入居後に家賃滞納などのトラブルが多く全て大家さん任せにしてしまいます。

一般媒介契約に向いている大家さん

建物管理や家賃管理を全て大家さん自身が全て行っていて、

「入居後のことは気にせずとにかく入居者を決めてくれれば良いよ。」

という大家さんは数社の不動産会社に物件の募集をお願いしても良いと思います。

一般媒介契約に向いていない大家さん

2回目のブログでも書きますが、入居者が決まったあともトラブルやクレームなどの

アドバイスを受けたい場合や家賃滞納があった場合の督促の方法などのアドバイスを

受けたい場合には専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約を締結することを

オススメします。

「入居者の窓口が狭くなるのでは?」と思う場合には広告媒体を確認してみましょう。

最低でも

・レインズ

・自社ホームページ

・スーモやホームズ・アットホームなどの不動産ポータル

に掲載されていれば入居者の窓口が狭くなることはありません。

本日も最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

一般媒介契約についてのメリット・デメリットについて記事にしました。

第2回目は専任媒介契約・専属専任媒介契約についてのメリット・デメリットを

記事にしますのでそちらもあわせてお読みください。

【賃貸物件の募集でお悩みのオーナー様へ】

賃貸物件の募集に関してお悩みのことがございましたら株式会社 ホーセイ土地に

ご相談くださいませ。

TEL:042-321-3363

Eメール:info@hohseitochi.jp

arrow_upward