株式会社 ホーセイ土地
9:00~19:00
毎週木曜日
2021年07月15日
公開中ブログ

火災保険に加入しましょう!

皆さんは火災保険に加入していますか?

賃貸物件を契約する時には不動産会社が取り扱っている火災保険にも

セットで加入することがほとんどだと思います。

賃貸物件での火災保険は2年掛け捨てのものが多く、更新時に再度加入してもらいます。

費用はかかってしまいますが必ず加入するようにしてくださいね。

入居者が加入する火災保険はどのような保険?

入居者が加入する火災保険は主に家財に対する火災保険です。

家財とは入居者が所有する家具や家電製品のことで、それらが火災や水漏れが原因で

損害が発生した時に補償されます。

※建物に対する保険は大家さんが加入しています。

なので基本的に入居者は建物に対する補償ではなく家財に対する補償になります。

それでは入居者が火災を起こした時には補償しなくても良いの?と疑問に思うかと

思いますが、入居者の火災保険には「借家人賠償保険」がセットになっています。

これは大家さんに対して損害賠償責任を負った時に費用を補償するものです。

例えば、入居者が火災を起こしてしまったとします。

大家さんの立場からすると入居者には物件を原状回復してもらわないと困りますね。

原状回復をするといっても修繕費用がものすごくかかります。

入居者もすぐに高い修繕費用を支払い原状回復をすることができるという

人も少ないと思いますので「借家人賠償保険」でその費用を補償してくれるのです。

 

このように入居者の火災保険は建物全体の保険ではなく

「家財に対する保険=家財保険」+「借家人賠償保険」となっています。

火災保険は様々なリスクに対応してくれます。

火災保険なんて何も起こらないから費用が無駄だなんて思っている

人も中にはいるのではないでしょうか。

火災保険では火災以外にも様々なリスクに対応してくれます。

例えば、賃貸物件でよくある水漏れ。

洗濯機の栓を開けっぱなしにしてしまい下階に水漏れを起こしてしまった場合

には下階の入居者の家財を壊してしまった場合の弁償費用・クロス張り替え費用など

がかかります。

このような費用も火災保険で対応する事ができます。

入居者の中には火災保険でどのようなリスクに対応できるかを知らなかったり

忘れてしまっている人もいるかと思いますのでもう一度確認しておくと良いと思います。

本日も最後までお読み頂き誠にありがとうございます!

今回は火災保険について記事にしました。

火災保険は何も起こらないことが一番ですが、万が一のために備えるものですので

必ず加入するようにしましょう!

arrow_upward