株式会社 ホーセイ土地
9:00~19:00
毎週木曜日
2021年04月22日
公開中ブログ

4月以降のお部屋探しのポイントはありますか?

4月に入り不動産の繫忙期も落ち着き、お部屋探しのピークも過ぎたような気がします。

3月中にご契約頂いた入居者のお引き渡しが4月になっている物件などの引き渡しや

引渡し前のリフォームなどでバタバタしている不動産会社も多いと思いますが、

新規でお部屋探しをする人は少なくなっているのではないでしょうか。

4月以降は1月から3月に比べてゆっくりとお部屋探しをすることができます。

ゆっくりとお部屋探しができます。

例年1月~3月は不動産の繁忙期ですので、お部屋探しをする人たちは

とにかくゆっくりと探す時間がありません。

なぜなら1月~3月にお部屋探しをする人たちは4月からの新生活に向けて

必ず引っ越しをしないといけない人たちばかりだからです。

4月中旬頃からはその流れが落ち着きますので急いで引越しをする必要のない人たちは

4月に入ってからお部屋探しを開始する人たちもいます。

不動産会社も予約なしでふらっと立ち寄っても物件を紹介してくれますし、

繁忙期とは違いじっくりと時間をかけて物件探しをしてくれることが多いです。

 

注意して頂きたいのはゆっくりお部屋探しをすることはできますが、

不動産会社によっては4月引渡し予定の準備やリフォーム・室内確認などの

事務的な仕事でバタバタしていることもありますので注意してくださいね。

4月以降も優良物件が見つかるかも!?

よく4月に残っている物件は余り物の物件が多いかも。と思っている人もいるかも

しれませんが決してそんなことありません。

4月上旬に引っ越しが増えるということは逆に空室になる物件もあるということです。

タイミング的に3月末までに決まらなかったいわゆる優良物件が出てくることも

十分にありますのでこまめにスーモやホームズなどをチェックしてみると

良いかもしれません。

4月以降は交渉がしやすい!は絶対できる訳ではありません。

ネット上にはよく4月以降は「家賃交渉がしやすい」とか「初期費用が交渉できる」など

とかいてありますが現実はどうなのでしょうか。

これからお部屋探しをする人は気になるところだと思いますが、

これに関しての答えは物件によってなることもあると思います。

貸主様によっては

「不動産の繁忙期も終わっちゃったし決まらないなら下げてもいいよ。」

と言ってくださる可能性もありますし

「不動産の繫忙期が終わっても絶対に家賃や初期費用も下げない!」

と強気の貸主様もいます。

なので貸主様の考え方でだいぶ変わってきますので絶対に家賃は下がると

思わないようにしてくださいね。

新築物件や築浅物件は繫忙期以外でも決まります。

4月以降に物件探しをする時はゆっくりと探せるとお話ししましたが、

物件によってはゆっくりとしてられない物件があります。

それは新築物件や築浅物件です。

これらの物件は年間通してかなり人気があり繁忙期以外の時期でも本当にすぐに

決まります。

新築物件や築浅物件は非常に人気がありますのでこれらの物件を狙っている人は

ゆっくりしてられません。

スーモなどで物件が出てきたらすぐに問い合わせをすることをオススメします。

本日も最後までお読み頂き誠にありがとうございます!

4月以降のお部屋探しはバタバタせずゆっくり内見もできるかと思いますので

ご紹介したポイントを参考にして頂き理想のお住まいを見つけてくださいね(^O^)

arrow_upward