株式会社 ホーセイ土地
9:00~19:00
毎週木曜日
2021年08月01日
公開中ブログ

設備不良などの賃貸物件の不具合は管理会社に連絡をしましょう!

賃貸物件ではエアコンや給湯器などの設備の故障などが発生します。

新築物件や築浅物件などは設備も新しいので設備不良が起こることは少ないですが、

築年数が経過してくると設備も古くなりますので設備不良が起きてしまいます。

設備不良が起きた場合に借主はどのように対応をすれば良いのでしょうか。

まずは管理会社に連絡を!!

設備不良が起きてしまった場合には管理会社に連絡をしましょう。

設備不良が起きてしまった場合の基本的な対応方法をまとめておきますね。

 

①設備の不良があった場合、借主は管理会社へ連絡。

②管理会社は貸主へ報告。修理業者の手配。

  ※貸主指定の修理業者がある場合は貸主から依頼することもあります。

③修理業者から借主へ連絡。日程調整の上、修理を行う。

 

上記の手順で対応をしていきます。

 

ホーセイ土地が行っている設備不良の対応方法も上記と同じですが、

基本的にはお部屋に行き現状を確認して修理が必要だと判断した場合は

修理業者を手配します。

ご連絡頂いた段階で明らかに修理が必要だと判断できる場合はお伺いせず、

すぐに修理業者を手配することもあります。

少しでも「故障かな?」と思ったらご連絡を頂ければご対応させて頂きます。

 

※建物の管理を管理会社(不動産会社)が全て行っている場合は

 上記の対応で問題ありませんが、建物の管理を貸主が行っている場合(自主管理)は

 貸主に直接連絡をして対応してもらうことになります。

 設備不良が起きてしまった場合の窓口がどこになるのかは契約の際に

 説明がありますので必ず確認をしておきましょう。

借主が修理業者を手配して修理した場合の対応方法

ごくたまにですが借主から修理費用を払ってほしいとお問い合わせを頂く事があります。

設備不良を起こしていたらしく借主が修理業者を手配して修理を行ったようです。

結論からお話しさせて頂くと修理費用は借主の負担となってしまうこともありますので

注意してください。

修理業者によっては部品交換で済むものを新品にしたり、出張費などの名目で

高額な費用を請求してくる場合があります。

(常識のある修理業者であれば一言管理会社に連絡をします。)

設備として設置してあるものは基本的には貸主が設置しているものですので

貸主の許可がなければ修理交換をすることができません。

なので借主の自己判断で修理するのではなくまずは管理会社に連絡をするように

してください。

設備不良があった場合はすぐに対応できるよう努めています!

ホーセイ土地では入居者に快適にご入居頂けるように

設備不良はすぐに対応するよう努めています。

通常であれば土曜日日曜日以外は修理業者も営業していますのでご連絡を頂ければ

すぐに修理手配をすることができます。

 

また、8月は夏季休業でホーセイ土地だけではなく他の管理会社も含めて休みに

入ってしまいます。

夏季休業期間中は修理依頼を受けてもすぐに対応をすることができませんので、

もし設備不良がある場合には今のうちに管理会社に連絡をして修理をしてもらいましょう

arrow_upward